1450145748__382216_995_130405_tn

保育理念

神を敬い、人を愛するキリストの教えを大切にする。
「自分を愛するようにあなたの隣人を愛しなさい」(ルカによる福音書10:27)

・子どもたちの明るい未来のために、質の高い保育を追求する。
・子育てと仕事の両立が出来る環境を整備し、働く女性を応援する。
・地域の保育環境の改善に貢献する。

大切にしていること

子どもは、赤ちゃんであっても好奇心・探求心に溢れています。しかし、その知的好奇心・探究心は、時に大人の目に「いたずら」として映ります。例えば、スイッチを勝手に触ってしまう、ティッシュペーパーをなくなるまで出し続けるなど…挙げたらきりがありません。いたずらは困るけれど、「やってみたい」気持ちは育みたい…。私たちキアラ保育室では、子どもの興味に目を向け、気持ちに共感し「やってみたい!」の思いを叶えます。スイッチに興味があるなら…ペーパーを出し続けたいなら…それが“おもいっきり”叶えられるように年齢発達に合った手作り玩具や他の遊びで「やってみたい!」を叶え、子どもの「どうなるの?」→「やってみたい!」→おもしろいから「もっとやりたい!」の気持ちを育むことを大切にしています。

私たちは子どもたちに絵本を通してたくさんの良い文化、豊かな言葉に出会って欲しいと願っています。何を基準に選んでいるのかと言いますと、年齢や発達を考えることはもちろんですが、目の前の子どもが「今どんなことに興味があるのか」、「これからどんなことに興味を持っていくのか」、「どんなことを好きになるのか」、今の子どもの姿やこれからの姿を想像し、絵本を準備しています。キアラでは、季節の絵本、身近な人や物や出来事が出てくる絵本、言葉の音やリズムを楽しむ絵本、物語絵本etc.子どもの成長と興味を考え、様々な絵本を揃えています。

大人は子どもの成長を思うからこそ、「好き嫌いのない子に育ってほしい」、「好きなものばかり食べないで、バランスよく食べてほしい」等、たくさんの「してほしい」という思いがあります。確かに、好き嫌いなくバランス良く食べることはとても大事なことですが、あまりにも「〜してほしい」という気持ちが強すぎると子どもは食事が“イヤ”になり、益々“食べなく”なります。キアラ保育室では、「今よりももう少し成長をして味覚が変わり、食べたくなる時期を“大人が楽しみに”待つこと」を大切にしています。私たち保育者は味覚が敏感すぎるこの時期の子どもには、好き嫌いに対してとやかく言わず、それよりも「自分で食べたいと思い、美味しい、楽しいと感じること」が最も大切なことだと考えています。
他にも【子どもにとってふさわしい食器】、【1日の流れ 食事】を参照ください。

施設の紹介

自然素材に囲まれる心地良さ

子どもの過ごす部屋だからと言って子どもっぽい物やキャラクター物を置いたりはしていません。キアラ保育室は自然素材にこだわり、壁は珪藻土、床は自然の木、窓からは優しく心地のよい陽の光が差し込みます。キアラには良い空気が流れ、子どもにとって、大人にとって居心地の良い過ごしやすい環境です。また、床暖も完備しており、子どもたちは季節に関係なく裸足で過ごし、足の裏からも自然素材の感触を感じながら遊んでいます。

子どもにとってふさわしい玩具

子どもが夢中に遊び、遊びながら成長のできる歴史のある本物の玩具(ネフ社、ハバ社、ニック社等々)を取り揃えています。また、発達を理解している保育士だからこそ作ることのできる子どもの発達に合った手作り玩具も大人気です。​

子どもにとってふさわしい食器

子どもだから小さい食器、キャラクターが付いている可愛い食器、割れないプラスチックの食器…という発想ではなく、食器は発達に合わせ、その時、その時の発達を促すものを使用しています。手つまみで食べる頃は食べものが摘まみやすいように浅く動きにくい重めのお皿。スプーンで掬い始めるようになれば掬おうとしても安定した少し重めで、さらに掬いやすい返しのついたお皿。スプーン(フォーク)を使い始めるころは握りやすい柄の太目の物。指の一本一本が発達してくると逆に柄の細い物を使っています。この様に一人ひとりの発達をよく見て子どもの「自分で食べたい」という気持ちが叶えられるようにしています。

給食の紹介

  • その日に調理されたできたての料理を温かいままいただけます。
  • 離乳食(初期、中・後期)、完了食、幼児食、アレルギー除去食等、子どもの発達に合わせて丁寧に調理された手作りの昼食。
  • 管理栄養士によって栄養計算されたバラエティー豊かな食事は子どもたちにも大人気。
    また、一番美味しい旬の野菜や旬の食材も豊富に取り入れています。
  • 「子どもたちに日本の季節を感じてほしい」と願い、
    季節ごとの行事食(こどもの日、節分、七夕、ひな祭り、クリスマス、お正月等)をいただけます。

法人概要

法人名社会福祉法人ぶどうの枝福祉会
代表理事長 齋藤善樹
事業内容第一種社会福祉事業(特別養護老人ホーム、軽費老人ホーム)
第二種社会福祉事業(幼保連携型認定こども園、一時預かり事業、老人居宅介護等事業、老人デイサービス事業、老人短期入所事業、認知症対応型老人共同型生活援助事業、老人介護支援センター、障害福祉サービス事業)
設立1991年3月18日
所在地〒654-0121 兵庫県神戸市須磨区妙法寺字野路山1053
電話番号078-741-8750
FAX番号078-741-8752
運営委託会社合同会社リジョイス
代表代表社員 信川るり子
事業内容企業主導型保育園運営、認可外保育園運営
設立2019年6月3日

入園案内

入園の手順、預かり時間、料金についてご案内いたします。

採用案内

私たちの仕事についてご案内します。

お問い合わせは、お電話かメールで

キアラ保育室
兵庫県神戸市須磨区妙法寺字野路山1053

078‐224-5208

rejoice.chiara2019@gmail.com

担当:中橋(ナカハシ)